- お知らせ -
2022年 第4回 オンライン講演会ご案内
日時:2022年11月17日 (木) 18:00開始  19:45開場
会場:オンライン(zoom使用)
講演タイトル:「サラマンカ大学教授 ネブリハ没後500年 ―日本語の腑分けに至る巨人の姿」
講師:清水 憲男 氏(上智大学名誉教授)
言語:日本語
参加費:会員-無料 ビジター-会員の紹介で無料(定員100名)

* お申し込みいただいた方に、講演会の前日までにメールでご参加用のZoomのURLをお送りいたします。
* お申込みは11月16日(水)までに右上QRコードまたは下記URLより、申し込みフォーマットにご入力ください。
  https://forms.gle/6GAysGr3VtQ3wexm8

__________________________________________
講演要旨:
今年はサラマンカ大学教授アントニオ・デ・ネブリハの没後500年に当たり、スペイン全体で、この偉人を高く評価する動きが起きています。でも日本では無名に近く、スペイン研究者の間でも近代ヨーロッパ語最初の文法書を書いた人としてばかり話題にされるきらいがあります。実際には驚くほど広範な才能を発揮しており、その影響はヨーロッパ、新世界、果ては間接的に日本語の記述にまで及んでいます。
専門事項を極力避け、どのような生涯を送り、どのような功績を残した人なのかを、昔の印刷物の図版などをお見せしながら、ご紹介したいと思います。
__________________________________________