サラマンカ大学リカルド・リベロ総長 講演会ご案内

日時:2022年9月12日 (月) 18:00開始 17:45開場

会場:駐日スペイン大使館(住所東京都港区六本木1-3-29)

講演テーマ:「サラマンカ大学-スペイン語を通して世界の教育・研究をリードする知の拠点」

講師:リカルド・リベロ・オルテガ Ricardo Rivero Ortega 氏(サラマンカ大学総長)

言語:スペイン語 (日本語通訳あり)

講演要旨:
サラマンカ大学は2018年に創立800周年を祝いました。ボローニャ大学、パリ大学、オクスフォード大学などと並びヨーロッパでは最も長い歴史と伝統を有する大学の一つです。
またスペイン語による教育・研究を行う大学としては世界最古の大学です。ご承知の通り、ペルー、ドミニカ共和国、メキシコ、アルゼンチンなどでは最初の頃の大学はいずれもサラマンカ大学をモデルとして創立されました。
爾来、スペイン語圏をはじめとして世界各国から多くの若者が知の拠点たるサラマンカ大学に留学することになりました。そして今日では何万人という外国人学生が、安全で伝統のあるサラマンカで、その言語、文化のみならず医学、物理、神経科学、農学、工学など幅の広い科学の分野でも勉強や研究に勤しんでいます。